平城宮いざない館
国営 平城宮跡歴史公園

朱雀門ひろば

奈良の歴史・文化・食が交わる 平城宮跡の新拠点

平城宮いざない館
国営 平城宮跡歴史公園

奈良の歴史・文化・食が交わる
平城宮跡の新拠点

平城京は唐の長安にならって造られた奈良時代の首都で、平城宮跡の中には国の政治や儀式を執り行う場、また天皇のお住まい、様々な役所や庭園があったとされています。そして1998年には平城宮跡を含む「古都奈良の文化財」がユネスコの世界遺産に登録されました。

1300年前、平城宮の正面であった朱雀門前の広場は、当時の人々にとってかけがえのない祝祭の場でした。外国使節の送迎や、新年には天皇が門まで出向き、お祝いをすることもあったそうです。この度、2018年3月24日に「朱雀大路」と「二条大路」の整備が整い、観光拠点「朱雀門ひろば」が開園することで、1300年の時を超え人々が歴史を紡いできたこの場所に、新たなにぎわいの場が蘇りました。

奈良時代の都の遺構が残るこの特別な場所で、人が集い、商いが行われ、生活・文化が交錯することで、従来の案内所や観光施設の域を超えた公共の場が誕生します。

「朱雀門ひろば」とは

平城宮跡歴史公園の見どころ、出土品や資料公開を通じて奈良時代を今へ伝える「平城宮いざない館」。奈良の観光拠点となるインフォメーションセンターや奈良の特産品が購入できる「天平みつき館」。公園の景色を眺めながら洗練された食を楽しめる「天平うまし館」。サイクルステーション、展望デッキ、VRシアターなどアクティビティの拠点となる「天平みはらし館」。団体旅行客の待ち合わせ場所・休憩所としても利用できる「天平つどい館」という、5つの館と芝生広場、復原遣唐使船などの屋外スペースを合わせた広大な公園です。

Instagram

  • CONTACT

  • お問い合わせ

天平みつき館・天平うまし館・
天平みはらし館・天平つどい館について

平城京再生プロジェクト
(県営平城宮跡歴史公園管理事務所)

〒630-8012 奈良県奈良市二条大路南4-6-1

お問い合わせはこちら